オープンリーグ2018レポート

 フットボールを通じて精神障がい者、ひきこもりの人、そして様々な困難を抱えている人が楽しみや誇りをもって生活できる社会を目指す千葉『共に暮らす』フットボール協会が6月16日(土)、千葉ポートアリーナ(千葉市)で「フットサルオープンリーグ交流会2018」を開催しました。

 このイベントも4年目を迎えました。最初からコミュニケーションの重要性をテーマにしていました。最初は各地域の精神障がい者を結びつける大会でしたが、次第に幅を広げ、障がいや困難のあるなしにかかわらず、フットボールを通じてお互いをリスペクトした上で意見を交わし合う場になってきています。

【今年のテーマ】

 「ルールを作ろう!」「コミュニケーションの工夫を考えよう!」としました。
人には個人的、社会的に様々な違いがあります。一方、スポーツには一定のルール、社会にも明示されているか否かにかかわらずルールがあります。でもこれって正しいのですか?

【実際の流れ】

 集まった人がランダムにチーム分けされます。そこで初めてあった人とチームを組み、「新しいルール」を考えます。ルールは対戦相手と協議して何を採用するかを決定します。ルールは相手によって変わります。相手のことも考えないといけないので。

「コミュニケーションの工夫」は主にチーム内で話し合われます。意見を言いだしにくい人は多いですよね。チームにはファシリテーターがついて、そういう人の意見をさりげなく促します。ゲームを通じでルールやコミュニケーションの工夫は変わっていきます

【結果どうなった?】

 最初は意見もあまり出なくて、話の出来る人が話をするという状況でした。しかし、時間が進むにつれ意見が出るようになりました。意見でなくてもおしゃべりが進んだり、円陣を組んで試合に臨むチームが出てきます。チーム内だけでなく、チーム同士でのルールの検討も自然とみんなの輪ができていました。

 ルールについては「ボールを2個にする」「全員がボールに触れる」「枠にあたることで1点」「ハイボールは手で扱ってOK」などいろいろな意見が出ました。やってみて面白かったこと、うまくいかなかったことはありましたが(ボール2個はプレイヤーには好評でしたがカメラマン泣かせだと言われました(笑))。 いろいろな視点があるということですね。

【考えてみました】

 まずはみなさんの雰囲気が時間を経るにつれてよくなっていることが外からも見て取れました。これが一番大事なことなの

 「ルール作り」「コミュニケーションの工夫」というのはそれ自体が目的ではないと思います。「人とつながること」「他者のことを考える」「助け合うこと」「ともに認め合った目標に向かうこと」があって、それを踏まえて話し合っていくというプロセス自体が重要なのです。

 今日やってきたことで自分の思うようにはいかなくて不満、こんなことを言ってはおかしいと思って遠慮する、など思った方もおられると思います。意見を言える雰囲気をどう作れるか、結論以上に大事なことだなあと感じました。そして楽しいことをみんなでやる、作ることですね。

【ありがとう】

 イベントに参加していただいたみなさま、送り出していただいた人、ボランティアで参加していただいた人、この報告を見ていただいている人、世界中で障がいやさまざまな困難に向かい合っている人、そうでなくてもとにかくすべての人に感謝いたします。

【お願い】

 トモフトはみなさんの力を必要としています。正直言って今は数少ないメンバーが奮闘してこのイベントを作りました。でも個人が頑張り続けても必ず疲弊します。企画、広報、営業、資金集め、人集め、事務など そんなことにできる範囲でかかわっていただけると嬉しく思います。できること、やりたいこと、やってみたいことを教えてください。

トモフトを作っていくのはみなさん自身です。よろしくお願いいたします。

トモフト理事長 佐々 毅

H30年4月5日(木) トモフトフットサル報告

今日はトモフトフットサル!
今日も初めて参加する人もいて楽しくやりました。
Yさんがパス練習の指導、その後ウォーキングフットボール、最後は普通にフットサル。
ウォーキングやってその後フットサルするとつい歩いてしまうんですねー。脳は思っているより切り替えが苦手。
 
千葉『共に暮らす』フットボール協会
理事長 佐々 毅

メルシーカップに運営として参加して

 2018年2月25日に、第5回メルシーカップを無事開催することができました。 私は、今回、このフットサル大会に大会運営スタッフの一人として参加しました。勝敗にこだわるアドバンスチームが8チーム、フットサルを楽しむエンジョイチームが7チーム、参加者総勢 150人に及ぶ、大勢の人が参加してくれた大会が、無事に実施できたことにほっとしています。
 
 沢山の人が参加する大会を実施するために、大会の開催準備のためには、細々とした心配事があり、決断が沢山必要だという事を知りました。
 最初は、何からどう手を付けてよいのか、決めるべき事の山に途方にくれましたが、前回の大会運営経験者に昨年の状況を聞きながら、大会運営スタッフみんなで相談しながら決めていく事ができたおかげで、何とか、事前の準備も間に合わせることができたと思います。
 
 また、当日の大会準備作業は、スタッフだけではとても手が回らず、AC LUNAのメンバーを中心に沢山の人が率先して動いてくれたおかげで、なんとか大きな問題なく実施できたのだと思います。みんなが、メルシーカップを楽しい大会にしようと、労を惜しまず、明るく前向きに協力してくれたことに心から感謝しています。
 
 今回、スタッフとしてメルシーカップに参加して、私自身は、とても良い経験をさせてもらったと思います。
 そして、参加してくれた方が楽しんでくれてこそ、メルシーカップという大会がその意味を持つのだと思います。
 
 参加して、楽しんでくれたみなさん、ありがとうございました。
 
メルシー!
 
AC LUNA 長井

まぜこぜスマイルサッカーレポート

JIFF で今日「まぜこぜスマイルサッカー」を行いました。warm blue(自閉症啓発デー)のイベントです。みんなテーマカラーの青い服を着て集合。障がいの種類、あるなしにかかわらずみんなでウォーキングフットボールで楽しみました!
千葉からは14人が参加してくれました。

このムーブメントを日本中に広げましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉『共に暮らす』フットボール協会
理事長 佐々 毅

3月23日(金) トモフトフットサル報告

19時から、千葉ポートアリーナにて、佐々先生が主催して下さる、トモフトフットサルに参加させていただきました。

私自身、トモフトフットサルの練習会は、2回目の参加でしたが、今回の参加は、同じ浅井病院の「Rerise ASAI FUTSAL CLUB」(リライズ 浅井 フットサル クラブ)のメンバー4名 と共に、参加させていただきました。

まず、全員で、準備体操を行い、それから、20名弱の参加メンバーで、4チームに分かれ、ミックスゲームを行いました。

みんなで、子供の頃にかえったように、1つのボールを、一生懸命に追いかけて、フットサルの楽しさを、純粋に味わい、とても、楽しかったです!

また、ぜひ、参加させていただきたいと思います!
ありがとうございました!

リライズ 浅井 フットサル クラブ
今井 直子

トモフトフットサル交流会『スピンオフカップ』レポート

平成30年3月11日(日)にミズノフットサルプラザ千住屋内コートで年度末恒例のトモフトフットサル交流会を行いました。

今年の交流会は東京都内のメンタル系チーム『オムハビユナイテッド』と『FC茗荷谷』もゲスト参加してもらいました。そんな2チームを親交を深めるキッカケとなった『ダイバーシティカップ』を主催したビッグイシューの長谷川さん達も加わって総勢35名の参加。そんなダイバーカップから派生したフットサル交流会なのでスピンオフカップと命名!

当日は軽いチーム紹介の後、オムハビ、茗荷谷、トモフト(+ビッグイシュー)ごちゃまぜのミックスチームを結成してからアイスブレイク。オムハビが主導してくれたアイスブレイクがとっても良くって一気に打ち解けられた所で次にミックスゲーム。ミックスゲームの前にFC茗荷谷からフットサルの中で特に大切なルールの説明。初対面の人たちもいるからこそ、ルールを確認するのは大切ですよね。まぁ、実際は厳しくジャッジするというより、明確にした上で緩くセルフジャッジするエンジョイ系の雰囲気でしたけどね。

ミックスゲームの後はチーム対抗戦。元々トモフトはチーム活動はしていないのですが、今回やダイバーカップ出場等の特別な時にはトモフト関係者に声掛けしてチーム結成しているのです。なので、チームトモフトの顔触れもレベルもいつも違うのですがこれもまたトモフトっぽいのかなと。一方、オムハビもFC茗荷谷もシッカリとチーム活動をしている事もあって、連携が取れていて良いチームでした。そんな訳でチームトモフトは全敗……。でも楽しかったです!

最後に独自視点のプレイヤー賞&今日の感想をシェア。印象的だったのは、オムハビメンバーが受賞した『悔しがり方に味があったで賞』。そんな感じで悔しがるほど真剣にプレイして、そして笑顔もあって、本当に楽しい交流会でした。トモフト関係者だけだとどうしてもいつもプレイする顔触れは同じになってしまいますが、こうやって他団体を交えて一緒にプレイするとまた新鮮な楽しさがあるんですよね。しかも、初対面の人達でも数時間一緒にプレイすると分かり合えるフットサルの不思議。本当に楽しい一日でした。

また来年度もフットサル交流会を行う予定ですので、次回は皆さんもご参加どうですか?

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守

3月5日(月)トモフトフットサル報告

3/5開催のトモフトフットサルの参加者は悪天候の影響もあり5名でした。

ゲームはできないので、練習のみでしたが佐々先生が今回も面白い練習を作ってくれたので、楽しい時間でした。
そのメニューですが
オフェンス2人
ディフェンス2人
に分かれ、真ん中をコーンでしきり、オフェンス、ディフェンス共に各サイド1名置き逆サイドには行けず、ディフェンスもボールを1つ持ち、ボール所持者はボールを所持してる間はオフェンスのボールを奪えないというもの。
最初は手だけで、休憩後は足でという感じを行いました。

最初の仕掛けるタイミングがシビア(バスケの練習に近い感じ!?というかバスケ!)で、ボール通せるラインも思ったより狭く、まずは最初のここを制しその後をどう展開するか?という感じがしました。

フットサルには、より快適な季節になってきたので、多くの方と楽しめたらと思います!

サポーター会員
K・M

※次回トモフトフットサルは
3月23日(金)……19:00~21:00【千葉ポートアリーナ】
となります。皆さんのご参加楽しみにしていますね。

2月26日(月)トモフトフットサル報告

今回のトモフトフットサルは10人ちょい集まり無事にゲームまでできました。
鳥かごで鬼を2人置き鬼がボール奪った後、もう1人の鬼にパスを出し成功したら、鬼2人とボール取られた方とラストパスを出した方が入れ替えというルールで行いました。
面白いのは勿論、新鮮なので、頭使うため脳が活性化させられ、運動療法には効くかと思います。

ゲームは、毎回の事ですが動ける人がフォローしてくれるので、症状がまだ重い人でもマイペースでプレーできるのは良いですね!

サポーター会員
K・M

浅井病院主催・フットサル練習試合

2月3日(土)に千葉県東金市にある浅井病院に行きました。去年人工芝、照明付きのコートが完成したので千葉の下っ側の4チームで交流試合です。
浅井病院のチームはリライズと名前を変えてヤル気マンマンです。リライズとは「へこんでも何度でも起き上がる」という意味。
日中はさほど寒くもなくゲームも白熱、試合後の懇親会でもみなさんよく話していました。

こんなコートがあって素晴らしいです。今回は精神障がい者のフットサルでしたが、このフィールドを活かして地域のコミュニティー作りになるはずだ と期待しております。
暖かく迎えていただいたリライズのメンバー、スタッフに感謝申し上げます。

千葉『共に暮らす』フットボール協会
理事長 佐々

 

コルツァ2017会場キッコーマンアリーナ打ち合わせ

本日、第8回千葉コルツァカップの開催会場となるキッコーマンアリーナ(流山市民総合体育館)で、トモフトコルツァカップミーティングを行いました。

ご覧の通り、とても綺麗で広々とした体育館です。チームエントリーは既に締め切っていますが観覧無料でどなたでも大歓迎ですので、ご興味ある方は是非っ!

コルツァ2017詳細情報はコチラから。