JFAフットボールデー2018千葉 『みんなでサッカー! ウォーキングサッカー』のご案内

『ウォーキングサッカー』という競技を聞いたことありますか?言葉のとおり、歩いてプレイするサッカーな訳ですが、走ってはいけない分、お年寄りから子ども、更にはなんらかの障がいを抱える方も一緒にプレイしやすかったりするのです。

最近、各地でウォーキングサッカー関連のイベントが開催されていますが、千葉でもJFAフットボールデーの5月12日(土)に千葉県サッカー協会主催でウォーキングサッカー大会が開催されることになりました。その大会案内がトモフトに届いています。トモフト理事も参加予定ですので皆さんもご参加いかがですか?

ウォーキングサッカー大会詳細

目 的
・JFAグラスルーツ活動の一環として誰でもサッカーを目標にした環境づくりを目指す。
・年代・性別問わず、サッカーを通して交流し、サッカーを楽しむ。

主 催
(公社)千葉県サッカー協会

主 管
千葉市サッカー協会 

後 援
(公財)日本サッカー協会 

協 力
NPO法人 A&Sリーグ
NPO法人幕総クラブ
NPO法人 あさかぜ 

日 時
平成30年5月12日(土)10:00~12:00

会 場
フクダ電子フィールド(1面)

参加費用
100円 <保険代>

内  容
ウォーキングサッカー大会
・1面を4分割<4チーム×4面>
 1チーム7名 1試合10分
 各コート 4試合(A対B C対D ×2) 
 → その後順位リーグ 各コート4試合
・各コートに運営役を配置
 トータル160名の選手を招集

役割分担
<企画・広報>
NPO法人 A&Sリーグ
NPO法人 幕総クラブ
NPO法人 あさかぜ

<運営・集客協力>
千葉市サッカー協会

参加方法
トモフトサポーター会員やトモフト関係者からこの大会の事を知った参加希望者はトモフトアドレス宛に下記の内容のメールを送信してくださいね。応募締切は大会一週間前の★5月5日★まででお願いします。

kickoff@tomofuto.org

【個人の場合】
タイトル
 ウォーキングサッカー参加希望
内容
 ・お名前(任意でご所属も)
 ・連絡メールアドレス

【チームの場合】
タイトル
 ウォーキングサッカー参加希望
内容
 ・チーム名と代表者名
 ・参加予定人数
 ・代表者の連絡メールアドレス

当日はトモフト理事の狗巻と降屋も参加予定ですので、より多くのご参加お待ちしていますね。

それでは、参加できる方は当日一緒に一生懸命、歩きましょうっ!

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守

5月トモフトフットサルのご案内

新しい環境になった方は新生活は慣れましたか?

5月のトモフトフットサルのご案内です。

●5月18日(金)……19:00~21:00【千葉ポートアリーナ】
 
●5月28日(月)……19:00~21:00【千葉ポートアリーナ】
 
参加費は無料!最初に軽くフットサルの練習を行った後、エンジョイ志向のミックスゲームをプレイします。

参加するにあたって予約などの手続きも必要ありません。障がいを抱える当事者も多く参加しているので、参加にご興味ある方は当日、千葉ポートアリーナ内コート(ブルースカイ名義で予約しています)に気軽にお越しくださいね。また、プレイするのは難しいけど見学だけなら……という方も大歓迎です。
それと、開始は19:00からですが体育館は17:00から使用可です。ですので、先に入って練習するのもOKです。その時は受付けに一声かけてから体育館入りして下さいね。

【千葉ポートアリーナまでの行き方】
JR・千葉駅から徒歩16分。
または京成線・千葉中央駅から徒歩12分。
住所:千葉市中央区問屋町1-20

フットサルシューズ無料配布、まだまだ実施中です。

それでは、皆さんのご参加お待ちしていますね。

 

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守

H30年4月5日(木) トモフトフットサル報告

今日はトモフトフットサル!
今日も初めて参加する人もいて楽しくやりました。
Yさんがパス練習の指導、その後ウォーキングフットボール、最後は普通にフットサル。
ウォーキングやってその後フットサルするとつい歩いてしまうんですねー。脳は思っているより切り替えが苦手。
 
千葉『共に暮らす』フットボール協会
理事長 佐々 毅

メルシーカップに運営として参加して

 2018年2月25日に、第5回メルシーカップを無事開催することができました。 私は、今回、このフットサル大会に大会運営スタッフの一人として参加しました。勝敗にこだわるアドバンスチームが8チーム、フットサルを楽しむエンジョイチームが7チーム、参加者総勢 150人に及ぶ、大勢の人が参加してくれた大会が、無事に実施できたことにほっとしています。
 
 沢山の人が参加する大会を実施するために、大会の開催準備のためには、細々とした心配事があり、決断が沢山必要だという事を知りました。
 最初は、何からどう手を付けてよいのか、決めるべき事の山に途方にくれましたが、前回の大会運営経験者に昨年の状況を聞きながら、大会運営スタッフみんなで相談しながら決めていく事ができたおかげで、何とか、事前の準備も間に合わせることができたと思います。
 
 また、当日の大会準備作業は、スタッフだけではとても手が回らず、AC LUNAのメンバーを中心に沢山の人が率先して動いてくれたおかげで、なんとか大きな問題なく実施できたのだと思います。みんなが、メルシーカップを楽しい大会にしようと、労を惜しまず、明るく前向きに協力してくれたことに心から感謝しています。
 
 今回、スタッフとしてメルシーカップに参加して、私自身は、とても良い経験をさせてもらったと思います。
 そして、参加してくれた方が楽しんでくれてこそ、メルシーカップという大会がその意味を持つのだと思います。
 
 参加して、楽しんでくれたみなさん、ありがとうございました。
 
メルシー!
 
AC LUNA 長井

まぜこぜスマイルサッカーレポート

JIFF で今日「まぜこぜスマイルサッカー」を行いました。warm blue(自閉症啓発デー)のイベントです。みんなテーマカラーの青い服を着て集合。障がいの種類、あるなしにかかわらずみんなでウォーキングフットボールで楽しみました!
千葉からは14人が参加してくれました。

このムーブメントを日本中に広げましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉『共に暮らす』フットボール協会
理事長 佐々 毅

4月トモフトフットサルのご案内

新年度ですね。

4月のトモフトフットサルのご案内です。

●4月05日(木)……19:00~21:00【千葉ポートアリーナ】
 
●4月19日(木)……19:00~21:00【千葉ポートアリーナ】
 
参加費は無料!最初に軽くフットサルの練習を行った後、エンジョイ志向のミックスゲームをプレイします。

参加するにあたって予約などの手続きも必要ありません。障がいを抱える当事者も多く参加しているので、参加にご興味ある方は当日、千葉ポートアリーナ内コート(ブルースカイ名義で予約しています)に気軽にお越しくださいね。また、プレイするのは難しいけど見学だけなら……という方も大歓迎です。
それと、開始は19:00からですが体育館は17:00から使用可です。ですので、先に入って練習するのもOKです。その時は受付けに一声かけてから体育館入りして下さいね。

【千葉ポートアリーナまでの行き方】
JR・千葉駅から徒歩16分。
または京成線・千葉中央駅から徒歩12分。
住所:千葉市中央区問屋町1-20

そうそう、フットサルシューズ無料配布も実施中です。

それでは、皆さんのご参加お待ちしていますね。

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守

3月23日(金) トモフトフットサル報告

19時から、千葉ポートアリーナにて、佐々先生が主催して下さる、トモフトフットサルに参加させていただきました。

私自身、トモフトフットサルの練習会は、2回目の参加でしたが、今回の参加は、同じ浅井病院の「Rerise ASAI FUTSAL CLUB」(リライズ 浅井 フットサル クラブ)のメンバー4名 と共に、参加させていただきました。

まず、全員で、準備体操を行い、それから、20名弱の参加メンバーで、4チームに分かれ、ミックスゲームを行いました。

みんなで、子供の頃にかえったように、1つのボールを、一生懸命に追いかけて、フットサルの楽しさを、純粋に味わい、とても、楽しかったです!

また、ぜひ、参加させていただきたいと思います!
ありがとうございました!

リライズ 浅井 フットサル クラブ
今井 直子

トモフトからフットサルシューズ無料配布のお知らせ

トモフトから皆さんにプレゼント企画!

千葉県内で魅力的な個サルを主宰している福ちゃんが、そのフットサルネットワークを活かしてトモフトの為にフットサルシューズを集めてくださいました!

福ちゃん談「フットサルに興味があるけど躊躇している精神障がいの方が、このシューズでフットボールファミリーになれれば!」

との事です。多謝多謝!

提供者の福ちゃんの意思を汲んで配布は精神障がい当事者の方を対象とします。その中でも特に、フットサルを始めたもののまだフットサルシューズを持っていない、あるいは興味があるけど躊躇して始められないという方に優先してお渡ししたいなと思っています。

毎月開催しているトモフトフットサルで配布しますので、フットサルシューズが欲しい!という方は、まずはトモフトフットサルにご参加してみてください。初心者やまだフットサルをやった事無い方大歓迎のまったりフットサルですよ。

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守

トモフトフットサル交流会『スピンオフカップ』レポート

平成30年3月11日(日)にミズノフットサルプラザ千住屋内コートで年度末恒例のトモフトフットサル交流会を行いました。

今年の交流会は東京都内のメンタル系チーム『オムハビユナイテッド』と『FC茗荷谷』もゲスト参加してもらいました。そんな2チームを親交を深めるキッカケとなった『ダイバーシティカップ』を主催したビッグイシューの長谷川さん達も加わって総勢35名の参加。そんなダイバーカップから派生したフットサル交流会なのでスピンオフカップと命名!

当日は軽いチーム紹介の後、オムハビ、茗荷谷、トモフト(+ビッグイシュー)ごちゃまぜのミックスチームを結成してからアイスブレイク。オムハビが主導してくれたアイスブレイクがとっても良くって一気に打ち解けられた所で次にミックスゲーム。ミックスゲームの前にFC茗荷谷からフットサルの中で特に大切なルールの説明。初対面の人たちもいるからこそ、ルールを確認するのは大切ですよね。まぁ、実際は厳しくジャッジするというより、明確にした上で緩くセルフジャッジするエンジョイ系の雰囲気でしたけどね。

ミックスゲームの後はチーム対抗戦。元々トモフトはチーム活動はしていないのですが、今回やダイバーカップ出場等の特別な時にはトモフト関係者に声掛けしてチーム結成しているのです。なので、チームトモフトの顔触れもレベルもいつも違うのですがこれもまたトモフトっぽいのかなと。一方、オムハビもFC茗荷谷もシッカリとチーム活動をしている事もあって、連携が取れていて良いチームでした。そんな訳でチームトモフトは全敗……。でも楽しかったです!

最後に独自視点のプレイヤー賞&今日の感想をシェア。印象的だったのは、オムハビメンバーが受賞した『悔しがり方に味があったで賞』。そんな感じで悔しがるほど真剣にプレイして、そして笑顔もあって、本当に楽しい交流会でした。トモフト関係者だけだとどうしてもいつもプレイする顔触れは同じになってしまいますが、こうやって他団体を交えて一緒にプレイするとまた新鮮な楽しさがあるんですよね。しかも、初対面の人達でも数時間一緒にプレイすると分かり合えるフットサルの不思議。本当に楽しい一日でした。

また来年度もフットサル交流会を行う予定ですので、次回は皆さんもご参加どうですか?

千葉『共に暮らす』フットボール協会
副理事 降屋 守