オンラインイベント『サタデー・ナイト・ダイバー』のトモフトゲスト参加のご案内

スポーツを通じた社会活動を行っているNPO法人ダイバーシティサッカー協会主催のオンラインイベント『サタデー・ナイト・ダイバー』にトモフト副理事とトモフトサポーター会員でソーシャルチーム『ブルースカイ』キャプテンが登壇予定です。

テーマ:『精神障がい者フットボールとは何なのか?』
日時:2020年12月19日土曜日 19:30〜20:30頃
配信形式:Youtubeのライブ配信
https://www.youtube.com/watch?v=eIniREUkTVA

参加するには開始時間の19:30に上記URLクリックするだけでOKですので、ご興味ある方はテレビを観る感覚で気軽にご覧下さい。

【詳細:ダイバーシティサッカー協会facebookより】
「誰もがスポーツを通じて自分らしく生きられる社会」を目指して活動するNPO法人ダイバーシティサッカー協会が、様々なゲストとともに、あるテーマを深堀りし、探り、潜る「サタデー・ナイト・ダイバー」。
第4回目は「精神障がい者フットボールとは何なのか?」というテーマで、千葉と大阪で活動する2つの団体の選手や運営を担う人をゲストにお呼びし、活動内容や背景にある社会課題についてお伺いします。

 

【登壇者】
平山惣一(インクルーシブフットボールクラブ Half Time代表)
出麹早紀(インクルーシブフットボールクラブ Half Time選手)
降屋守(千葉『共に暮らす』フットボール協会 副理事長)
山内俊哉(ブルースカイ キャプテン)
【司会】
川上翔(ダイバーシティサッカー協会)
インクルーシブフットボールクラブ Half Time
“誰でも・怪我なく・楽しく”をモットーに南大阪を中心に活動するフットサルクラブ。定期的な練習会や講習会に加え、インクルーシブなフットサル大会「Half Time Cup」の開催や精神疾患や精神障がいのある人が参加するソーシャルフットボールチームの運営も行う。
 
千葉『共に暮らす』フットボール協会
千葉県内のフットボールを通じて精神疾患・障がいを持つ方やひきこもり等の当事者支援をしている団体で設立された協会。各種フットサル大会や定期的なフットサル教室の開催等を通じて、すべての人のメンタ ルヘルスに関する正しい知識とフットボールの楽しさを広く普及し、誰もが生きやすい『共に暮らす』環境・社会づくりに寄与することを目的として活動している。
http://tomofuto.org/
 
 
ちなみに、YouTubeのサムネイルのPK画像、ボクですね。これは、トモフトがダイバーシティカップに参加した時の決勝戦の延長PKの場面ですね。かっこよくシュートを決めている選手……ではなく一歩も動けずゴールを許しているGKがボクです……。このPK戦、ボクはシュートを一本も止められず、かつキッカーとしてもPK外して優勝逃したんですよね。なつかしいなぁ。
 
そんな訳で最後はロベルト・バッジョのアメリカ杯後の言葉で締めたいと思います。
「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。」
 
 
千葉『共に暮らす』フットボール協会
降屋